FC2ブログ
Home  All  Log in

あかつき 事件簿

学園長の 身辺報告や雑感を 週刊誌風にまとめたものです

02/14今週のスクラップブック

どうゆうつもりなんだろ?編集する 2011年02月12日21:54 >
>いじめ調査:実施・予定、全国の半分44.6% 公立高、県教委が指導 /宮城 毎日新聞 2月12日(土)11時23分配信
◇小中は全校実施
 児童・生徒を対象に行ういじめの実態調査アンケートを、今年度既に実施したか実施予定の県内公立高校は44・6%にとどまることが、文部科学省の緊急調査で分かった。全国の88%と大きな隔たりがあり、県教委は学校にアンケート実施を通知していじめの実態把握に努める。
 アンケートはいじめの被害者・加害者になったことがあるかや、いじめを目撃したことがあるかなどを聞く内容。昨年10月に群馬県桐生市でいじめを受けた小6女児が自殺したことから、同省が12月に全国の公立小中高校や特別支援学校での今年度の実施状況を緊急調査した。
 県内では、すべての小学校と中学校が実施済みか実施予定なのに対し、高校は全92校中41校のみで、未実施で実施予定もないと回答した学校が55・4%を占めた。いじめ問題への取り組みの点検や研修を行っている割合も、全国の半分以下となっている。
 県教委は、高校では個人面談を通しての聞き取り調査が中心のため、アンケートを実施する割合が低くなっていると分析。昨年12月24日付で未実施の高校に対して実施するよう通知しており、今年度内に全校で行われる予定だという。
 県教委は「アンケートだけでなく、取り組みの点検や研修の実施も含めて改めて指導していく」としている。【鈴木一也】

*********

むかしから、子どもたちの自助努力が、期待されていたことは確かなんだけど。

これも知事に言わせれば、「対応に問題はなかった」になるのかな?



素人目には、編集する 2011年02月11日22:08
有望そうだけど、副作用とかもちゃんと調べて、公表もちゃんとしてよね。

>■がん増殖抑制の遺伝子を確認、治療法・新薬に道 (読売新聞 - 02月11日 21:51)
で、資金とヒトを集中させたら、低迷する日本に、少しは明るい光がさすんだろうか?

まあ、遺伝子は組み替えできても、思考パターンの組み換えは、また別な問題だからなあ(苦笑)



県職員のミスではないにしても、編集する 2011年02月10日18:25
GSPに飛び付く前に、この県では、まだまだすることがあるってことです。

◆DV被害者の住所を伝えるミス
NHK仙台支局ニュース
http://www.nhk.or.jp/lnews/sendai/6003972921.html
*このURLですが、地方局の場合NHKは、前のニュースは順次削除するそうです。
「追跡できないニュースは、無責任だ」と、抗議の電話をしておきました。

******
>仙台市の職員が、市に家庭内暴力の相談をしていた女性の住所を誤って加害者の男性に伝え、女性が緊急に避難していたことが分かりました。

仙台市は女性に謝罪するとともに、個人情報を共有する仕組み作りを検討することにしています。

仙台市によりますと、去年8月、市に家庭内暴力の相談をして別居の準備を進めていた女性の新しい住所を、子育て支援の窓口業務を担当する職員が、加害者の男性に誤って伝えたということです。

この職員は、女性が市に家庭内暴力の相談をしていることを知らなかったということで、女性は、新たな被害に遭わないために緊急に避難したということです。

仙台市は、女性に謝罪するとともに、避難した際にかかった宿泊費など76万円余りを支払いました。仙台市は、職員の研修会を開いて個人情報の管理を徹底するよう指導するとともに、家庭内暴力などの情報を本人の同意を得て共有する仕組みづくりを検討することにしています。

*********
やるべきことを放棄して、県外の2ちゃんねるのちゃねらーたちのような手合いの応援メールでその気になって、実効性の無い乱暴な政策を口走る知事や、その扇動に乗る議会は、まともな大人の思考能力があるとは、どうしても思えない。
元・県民としても、恥ずかしいかぎりです

県民の3分の一強を占める仙台市も、同様です。
なんのための「100万都市」ですか?
市役所職員や幹部の、オカルト的な見栄のためですか?

自分たちが県民・市民の日常生活から、どのくらい解離しているのかが、まだわかってないです。

イイネ!(1) ity

@絵師2011年02月11日 00:37
>石巻の3人殺傷:発生から1年 DV防止へシフト GPS条例、県が検討 /宮城 毎日新聞 2月10日(木)11時46分配信
>◇相談件数1.6倍
 石巻市で10年2月に起きた3人殺傷事件は10日、発生から1年を迎える。事件の背景には、主犯の少年(19)の元交際相手の女性(19)に対するDV(ドメスティックバイオレンス)があった。県警に寄せられた10年のDV相談件数は過去最多となる1348件で前年より1・6倍と急増した。この事件をきっかけに、村井嘉浩知事が今年1月、県内のDV加害者らにGPS(全地球測位システム)を携帯させ、行動を監視する条例を検討することを表明するなど、2人が犠牲になった凄惨(せいさん)な事件は今も社会に大きな影響を与えている。【須藤唯哉】
 県警に寄せられた10年のDVとストーカーの相談件数はいずれも急増。県警生活安全企画課によると、DVの相談件数は前年比505件増の1348件で過去最多となった。
 また、接近禁止など裁判所による保護命令の発令は同15件増の75件、検挙数も同43件増の72件でいずれも増加した。検挙数のうち事件別では傷害事件が半数以上の45件を占め、殺人(2件)や殺人未遂(5件)、放火(1件)など重大事件となったケースもあった。
 女性による相談件数は1292件と大半を占め、年齢別では▽30歳代(441件)▽40歳代(295件)▽20歳代(284件)--の順で多く、婚姻関係に基づく相談は949件だった。
 一方、ストーカーの相談件数は同191件増の672件で、内容別にみると、つきまとい行為(221件)、面会や交際の要求(234件)が目立つ。石巻3人殺傷事件後、県警が踏み込んだ対応を取るようになったことや、報道でDV事件の認知度が高まったことが相談件数増の要因とみられる。
 相談件数の増加を評価するのは「仙台女性への暴力防止センター」(ハーティ仙台)の八幡悦子代表。「重大な事態に陥る前に解決を図ろうとしたことが相談件数増加に表れた。決して危険が増えたのではない」と分析している。
 一方、警察庁は10年4月、DVが絡んだ事件が全国で続発したことを受けて、被害届がなくても緊急性や証拠に応じて加害者逮捕を検討する再発防止の指針を定め、都道府県警に通知した。
 宮城県警では事件後、通報を受けた警察官が傷害や暴行などの容疑でDV加害者を現行犯逮捕した事例がある。竹内直人本部長は9日の記者懇話会で、「担当者が相談の一件一件に真剣に対応することで、事件前よりしっかりと対応することができている」との認識を示した。
 石巻3人殺傷事件は今でも社会に大きな影響を与えており、今年1月には県の有識者懇談会で、DV加害者らを県警がGPSで監視する条例試案の検討が始まった。発案者は村井知事で、石巻3人殺傷事件をきっかけに発案したと明らかにしている。
 条例化には県警も前向きとみられ、竹内本部長は9日の懇話会で、「高い関心を持って、検討を進めている」と話した。
*********

@絵師2011年02月11日 12:09
今回の仙台市の事案のように、希薄な危機感からの取りこぼしはあるにしても、やれば出来ることは、まだまだあるわけなんで。


唐突な知事の思いつきは、やはり不自然なんだなあ。

で、石巻3人殺傷事件の裁判だけど。

こうしたDVへのサポート体制への不備は、「不作為」責任が発生しないんだろうか?

被害者なり、主犯少年の家族からの、県知事相手の、損害賠償訴訟が起きても、おかしくない気がするんだけど。

八百長相撲ではだれも死なないけど、この事件では、主犯少年に死刑が執行されれば、若者の死者は、3人になるんだよ。




今年の興業の日程が、編集する 2011年02月09日09:13
ほぼ出揃い始めました。

*塩竃市公民館での、塩竃文化財公開HP「シオーモ」の公開記念の親父の塩竃市収蔵絵画の展示は、2/15までです。

*7月中旬
講談師・一龍斎**による、伯父貴の怪談「鳥海山物語」を上野で公演

同時期、女流講談師・神田***が競演で、国立小劇場での伯父貴の怪談(題目未定)公演
(ともに詳細が決まり次第、宣伝します)

*9/27~11/27
仙台カメイ美術館で、親父の没後10年記念のスケッチ展と、伯父貴の著作展示と、兄弟合作のカルタ復刻版の公開

*9月末から10月中旬
いつもの仙台市役所での、親父の絵の展示

*他に、ドサマワリを、数件。

合間に、チャンスをみつけて、若い芸人たちも育てておかないと。

で、ワタシも老い先短いので、自分の作品の展示会やらなくちゃね(苦笑)


興行師兼プロデューサー兼解説員兼作家として、一族の反骨の百年闘争のパフォーマンスに、結構忙しそうですう。

毎回、孤立無援の闘いなので、「もうーいい! これが最後!」と思いながら、また波が来れば、老骨は向かってしまうんですよね(苦笑)

興行師としては、目の前の不特定多数のお客さんの満足度が最優先なんで、田舎のチンピラ・インテリどもの、自己チューなヤッカミやシットなんぞ、聞いてるヒマなんて、ワタシにはないですm(__)m



虫の知らせ?編集する 2011年02月08日00:27
親類には、霊視能力が高いのが、老人から4,5歳の小娘まで、各年齢取り揃えてウロウロいて、なかには占い師を生業にする青年までいるのですが。
幸いワタシは、才能に恵まれずに、目に見えるものからしか、状況の本質は見えてこないのですが。

今朝、忙しいなかで、いろいろ携帯電話をいじっていたのですが、出かける段になって、さて携帯電話が見つからず。
大きくもないお屋敷なのに、呼び出してみても、音もしません。

家人も、「気持ち悪いだろうけど、今日は、不携帯で出かけなさいよ」というのですが、このまま出れば、今日は夕方まで家には帰らないので、どうしても気になって。
出るのを予定よりおおはばに遅らせて、探しまわりました。

それでも無くて。
ついに15分後。
パジャマのポケットに入ったままで、布団の奥から、発見されました。


ここまでは、ありふれた、毎朝でもないけど、よくある話なんです。

ところが、予定がつまっていたので、早目に入った昼のソバ屋で、田舎で父親を殴って、2度も救急車で父親を病院送りにしたDV息子が急死したという知らせが、ケアを依頼していた田舎の高齢者虐待防止ボランティアのスタッフからはいりました。

ベテランのスタッフも少々慌て気味で、状況、死因、ベテランらしい適切な前後処理といった報告をワタシにしながら、ワタシの声で落ち着きを取り戻す状態で。

落ち着いたのを確かめて、ワタシから田舎の役所や現場や東京で心配し支援してくれていた友人たちに、連絡をいれたわけです。

携帯電話がなかったら、ワタシもここまでこの事案に、密接には関われなかった田舎の事案でしたが。
逆に携帯を、今朝に限って、執拗に探した自分に、少し驚いたわけです。

前にも、間違って関西からかかって来た女子中学生の電話から、彼女たちの恐喝を阻止したり。

東北の寒村からの、見も知らぬ女性の電話から、SOSを感じ取って、村役場からヒトをさし向けたり。
*このときは、
「そんな間違いかもしれない電話に、しかも貴方の直感に、どうして、夜中に反応しなくては、いけないのですか?」
という当然の質問に。
「ワタシの直感が違っていたら、いくらでも謝るから、顔だけ見にいってくれ」
と頼んだところ。
さすが田舎者(笑)
「どうせヒマですから、行きますよ」
といってくれて。

1時間後。
「行ってよかったです」
との報告をもらいました。


こんなことを書いてしまうと、「それでは」と、カラカイ・メールがくるのが、厄介ですが。
最初に書いた通り、ワタシは霊視能力はありませんので、あしからず(苦笑)

しかし、なんとなく、何かを感じる瞬間って、「あるんだなあ」と、思った一日でした。


ただこんなことは、タマタマだからよいわけで。

で、言ってる先から、ワタシの知人の「知人が、娘がいる田舎の山沿いの温泉に向うと家を出たのに、海岸の半島の先で車がみつかって、本人は行方不明なんだけど」
「で、俺がいろいろ聞くと、レストランをやっている彼の女房が、ウルサがるんだよ」
とかって、言ってくるヤツがいて。

勘弁してよm(__)m
どこまでが事実で、どこからが、老人の妄想なの?って感じで。

ワタシは、自分が感じた相手の呼吸や声の調子や、顔色や息遣いといったデータからしか、直感は働かないので、伝聞ではダメなんで(苦笑)

失踪や蒸発や保険金目当ての亭主殺しの疑惑となると、親類の占い師を、紹介するしかないですね(爆)


それにしても、老人ばかりになる超・高齢者社会が進行すると、警察に占い師が雇われる時代がくるようになるかもです。

なんであれ「2ちゃんねる人種」の、独断と偏見に満ちた自己チューぶりは、調べても疾患とはいえない若年性認知症状の広がりを予感させて、怖いです。

まあなんであれ、田舎の老人虐待DVが、あっけなく終焉して。
死因も含めて、もう少し調べてみますが。

幼稚な自己欺瞞に対して、反省的事実認知を迫ることが、強いストレスになる場合があることは、実は案外に経験していまして。

家族療法的には、配慮しなくてはいけない部分なですよね。

@コメント
@mrkb2011年02月08日 06:20
なんかご縁が繋がったわけがわかったような気がしました。

@絵師2011年02月11日 15:55
通りすがりでサラリと流した方が、差し障りが無い相手ですよ、ワタシは(苦笑)

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2011/02/14(月) 00:00:00|
  2. 今週のスクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<0221今週のスクラップブック | ホーム | 02/07今週のスクラップブック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatsukijknb.blog32.fc2.com/tb.php/162-1fd7d99d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンタ

プロフィール

元・学園長

Author: 元・学園長


ここを執筆する 元・学園長 ですが、還暦はとうにすぎているのに、最近、江戸 手描き友禅 の修行もはじめました。

ここの絵は、当時小学4年生の男の子が描いてくれた絵です。
下手な写真よりも、はるかに元・学園長の特徴をつかんだ、観察力と表現力なので、今でも大切にしています。

はじめての方は、引越しソバ代わりのおみやげもありますので、下記をご覧ください。
引越しのご挨拶

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

当方の記事に、関係がないと判断したコメントは、削除する場合があります

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索