FC2ブログ
Home  All  Log in

あかつき 事件簿

学園長の 身辺報告や雑感を 週刊誌風にまとめたものです

0919今週のスクラップブック

姑息な、言い訳編集する2015年09月15日11:37全体に公開 みんなの日記 18 view.

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3616533

憲法を順守すべき国会が、国民の60%が納得してない、憲法違反の法案を通そうとしているんだから。

この程度の「国会承認」など、なんとでもなるでしょ(苦笑)


「幻想vs幻滅」が現代政治なわけだから、次の選挙戦略が、もうはじまっているってことだな。


マザコン安倍君の根拠のない自信で会期を延長した国会論戦で、説明能力の欠如を露呈して、かえって国民の反発をまねいたように。

安倍政権の安直な憲法解釈の変更は、9条の戦争放棄を、むしろ強化する方向に、国民感情を向かわせるのかも。

マザコン亭主と日々闘う「家庭内野党」の存在は、図式としては、象徴的ですなあ。

失格嫁のハチャメチャ・アッキーが、平和日本の「最後の砦」になるのだろうか?(苦笑)




性犯罪について、被害者も加害者についても、編集する2015年09月12日23:53全体に公開 みんなの日記 36 view.

■性犯罪被害者支援、国費でサポート=民主が新法骨子
(時事通信社 - 09月12日 15:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3612817
丁寧に考える流れが起きてこない限り、ヘイト・スピーチのネタにされるような、セカンド・レイプは減らないでしょう。

要は「性犯罪が、精神的尊厳への冒涜」であることへの認識が、どこまであるかが、問題なわけで。

そうした国民的コンセンサスへの議論の第一歩になれば賛成ですが、小手先の行政窓口のワンストップ支援では、闇は一層暗くなる可能性もあります。

なんであれ、性的な問題は、主観的価値観が影響しやすい側面があって。

普通の刑事罰の刑期を終えたヒトたちへの支援策にすら、ろくな予算がついていない現状では。
「厳罰化」によって、事象が改善するとは、思えないわけで。

「国際的環境の変化」を理由に、大胆に憲法解釈を変えるくらいの政府ならば、人権擁護についても、国際的潮流の変化に敏感であることが、文明国家なはずで。

幼稚な妄想の自己都合だけで、「国際情勢の流れ」をつまみ食いすることは、品格ある文明国家のすることではありません。









コメント












ツイート




イイネ!(2) らぎ となっ!


こうなってみて、振りかえってみると、編集する2015年09月11日16:13全体に公開 みんなの日記 30 view.

宮城7河川で水害 ボートで救出
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3611105
米どころ宮城の平野は、どこも水が豊富でしたね。

あの河川の堤防が一部でも決壊すれば、張り巡らされた細かな水路が、みな一斉に膨れ上がって、逃げるに逃げられなかったんでしょうね。

今でこそ、解らなくなっていますが、むかしは多くの湿地が広がっていて。
江戸時代は、今は内陸部でも、相当奥まで船が入っていたとも、聞いてます。

海岸部の3・11の震災津波からの復興も、まだまだ整っていないうえに、この内陸部での広範囲の洪水ですから、今後の復興が大変でしょう。

ご苦労が思いやられます。

ガンバッてとか、応援してますとか、軽々しく言えず、ただただ言葉を失ってます。

あの美しい田園風景が、再び復活することを、切に祈っております。


コメント












ツイート




イイネ!(3) となっ! 詩夢(Dream) あやみ


母親の暴力で姉が自死した娘と話して編集する2015年09月11日02:47全体に公開 みんなの日記 258 view.

■電柱につかまり救出の男性「俺ももうダメかと」 鬼怒川
(朝日新聞デジタル - 09月10日 20:15)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3609954
家に帰って、TVつけて、たまたま見たんだけど。

あの自衛隊の働きには、感謝だなあ!

電線が邪魔するかな?と心配したけど、冷静・沈着な、見事な救出劇でした!


たまたま野外演習で出あった隊員や、飲み屋で隣あわせになった隊員でも、少なくともワタシは、かつてハズレには出あったことがない。

どこぞの国や地方の役所や大企業やマスゴミとかだと、ぶん殴りたくなるようなヤツばかりだけど(苦笑)


で、この強くて、勤勉で、真面目な若者を、それゆえに、憲法違反な、意味不明な説明で、事が起きたら、その都度の政治的判断で、自衛行為の判断基準ですら、左右されるような曖昧な法的基準で、彼等を危険にさらす事態に追い詰めるのは、一体全体、誰の都合なんだ?!


戦争神経症というのは、日清日露戦争時代から、政府は国民には知らせてきませんでしたが、もともと、例えばネトウヨ諸君のような単純で「ナイーブな日本人」には、致命的な問題だったんです。
*意外に思えるでしょうが、ネトウヨ諸君の単純な論理構造は、現実には適応・対応できませんので、戦争神経症とかには、もっとも近距離にいます(笑)


我が家は、明治政府の近代化政策の中堅を担って、東京で戦前の警視庁管轄時代の500床近くの大きな精神病院を経営していて、関東大震災では近所の住民が、病院の敷地内に避難するほどで。
主要な患者は、戦争神経症と、地主制度の軋轢で疲弊した青年たちでした。

*冷静に考えれば当たり前のことなのですが、戦争や植民地といった力による支配は、支配する側の精神を蝕み、疲弊させるものなのです。

で、その後継者は、病院を経営29年で、道楽を理由に潰しちゃう勇気があったヒトで(笑)
その後、一族は、
「精神科の医者にだけには、絶対なってはいけない!」
を家訓して、今にいたっています。


なんであれ、世襲政治家の、ミスギ・ヨスギや、シノギって、そんなに偉いものなの?

戦後、新しい憲法で国民がえいえいと70年間築きあげてきた国家というのは、そんなに一部の政治家のミスギや妄想や思いつきで、壊れるモノなの?



百歩譲っても、総裁選を「対抗馬無し」に演出して、地方の党員や党友たちの「異論を排除した政党」って、詐欺行為でしょ。

少なくとも、「総裁選の機会を失った党員」たちに、党費は返却したのかい?

党員をリスペクトできない「詐欺政党」って、日本は生き延びれるんだっけ?


古い自由民主党の党員で、戦争体験者の88歳の女房の母親が、言ってます。
「あの総裁、だれか、降ろしなさい!」

ワタシがニラまれても、貴女の娘の亭主は「戦争放棄」のヘタレですので、御免なさいですm(__)m



コメント












ツイート







コメント


絵師
絵師2015年09月11日 04:15 削除知人から、次の要請がありました(笑)

>「海上保安庁」が出動したのだ。

羽田の特別救難隊(通称・特救隊)と
横浜の第3管区海上保安本部の航空隊と潜水士
が、
15時より現地に急行し、
空と陸(ボート)で徹夜で救難活動を実施している。

陸地での制限がある為、
横浜・羽田から現地に向かう地上部隊(ボート救助隊)は、
「赤色回転灯」をつけられず、
複数県を跨ぐ為、警察の先導による緊急走行すらできない中、
通行止だらけの高速道を使わずに、
一般道で現地入りした。

つまり、
陸地での活動を想定していない海上保安庁には赤色回転灯を積載した車がないのだ。

自衛隊は、赤色回転灯をつけたパジェロがあり部隊のトラックを先導する事は可能であるし、

事前に制定された災害派遣計画によって警察パトカーによる先導計画が出来ておりスムーズに現地入りできた。

濁流と湖沼化した被災地には、
難破船訓練で鍛えられた海上保安庁は本領を発揮できる。

しかし、
超法規的活動をしている海上保安庁についての報道があまりに少な過ぎるのが
余りに不憫でならない。

72時間以内に救命救助をする鉄則の為に

初めて陸で活躍する
「海猿」の姿。

どうかニュース画像などで見かけたら心で応援してあげて欲しい。

******

とのことでした。

こうゆう広報で良いなら、何も出来ない老人は、いくらでもしますんで。






絵師
絵師2015年09月11日 11:51 削除故郷の宮城県も、内陸部が、水浸しとか。

低い部分は、かなり広範囲に浸水したようです。

マスコミが捕えきれない細かな情報が、つぎつぎと入ってきています。




20世紀まで編集する2015年09月07日19:10全体に公開 みんなの日記 29 view.

■東芝、378億円の赤字 不正問題で延期の決算を発表
(朝日新聞デジタル - 09月07日 10:21)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3603338
主権国家や大企業のように、スケール・メリットで、効率的な官僚組織を持つところが、圧倒的な優位に立っていた。

21世紀にはいって、社会は流動化し、相対化が進むことで、国家は安全保障の強化に走り、経済への介入もすすめているが。

しかし20世紀型の権威に頼る大きな組織が、力を誇示できる状態が、実は揺らいでいる。

オリンピックの準備すら危うい官僚機構の権威主義は、2チャンネル諸君のネット攻勢で、独善的な運営方針に、ケチを付けられた。


で、この東芝の不正会計は、大企業の組織論への信頼を失墜させた事件として、「権威大好きのネトウヨ諸君」には気の毒ながら、歴史のエポックになるのかもしれない。
*20年ほど前、東芝グループの中核各社社長たちの勉強会で、教育産業とりわけ事業化の可能性について、ポイントを説明したことがあったが。
ワタシは根が「感覚人間」なので、聴くき手の息遣いや目つきや顔色で、悪ノリしたり、授業中にヒラメイたりする方なのだが、.
サラリーマン社長たちは、生徒としては、呆れるほど頼りなかった。
今にして思うと、当時すでに、何かが始まっていたのかもしれない。


今度の、集団安全保障問題も、政府が主張する根拠薄弱な「国際環境の変化」というより、そうした「国家権力の権威の衰退」に反応したものに思える。
ネットで流布するネトウヨ諸君の罵詈雑言や、近隣諸国へのヘイトスピーチは、そうした不安感の現れなんだろう。
*こうしたヘイトスピーチ本が、「売れている」こと自体、「異様」と感じないマスゴミって、内閣調査費漬けで生き延びてきたことの、習い性?

そう思うと、ネトウヨ政権が右傾化すればするほど、恐竜の遠吠えに聞こえてくるが、その理屈や論理の構成力は、すでに「憲法違反」ひとつにしても、「破綻状態」。

で、自民党総裁選は、安倍総裁の演説下手を理由に(苦笑)、対抗馬無しになりそうだけど。
この「求心力」自体、権威への逆風を強く意識しているからだろう。
武藤議員の暴言は、彼等の危機感を示す本音だろう。

頑なだった「難民問題」ひとつにしても、受け入れを拡大する方針に変わったことは、国内に「異質」を抱え込むことになるわけで。
「八紘一宇」とか「美しい国日本」とかいうセリフは、難民たちにちは「???」と受け止められることは、想定できているんだろうか?

「演説下手」の安倍君の挙げ足をとっていたら、切リがないのだけど。
リアルに数年、安倍妄想政権が続いたとして。
いづれは、交代の時期が来る。

それまでに、「憲法違反」をテコに、どれほど社会が流動化しているか?
流動化で済めば良いが、無政府状態から、犯罪率の上昇が、心配なくらい。
*台風の接近による皮膚気圧の乱高下が、自殺率を上げるように。
特に奇怪な猟奇犯罪率の上昇は、実感的に、政治的ストレスと連動しているのかもしれない。


一方、こうした流れは、これがリアルな「国際環境」の変化であって、瞬時にあらゆるローカルな情報が世界的に共有できてしまうので、結局は逆戻りはしないように思える。





自分に対抗手段があるという自覚が編集する2015年09月02日10:21全体に公開 みんなの日記 49 view.

録音とスクショ 親が子供のいじめ被害を証明するための方法
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=125&from=diary&id=3595453
自信につながるはず。

弱い子の親は、それすら子どもに教えて、させる勇気がありません。

イジメられて怯えきっている子どもが、
>「証拠があればなんとかなるかもしれない」と、スパイ気分で子供は頑張るケースが多いという

というのは、専門家の言葉とは思えません。

本当に専門家がそういったのか、記事書いた記者が勝手に演出したのか、知りませんが。

そんな余裕のある子が、自殺するはずないです。
イジメに苦しんで死んでいく子は、思考停止の袋小路で、「死ぬしかない」と、思いこんでいるんですから。
それにゲーム感覚を教えて、受け入れると考えるのは、カウンセラーとしては失格以前の、「危険なカウンセラー」です。
だからこうした解ってない「専門家やマスゴミ」が、間接的に事態を深刻化させて、子どもを孤立させているのが現状です。

*例えば、この記事自身が、「イジメ」をゲーム感覚でとらえる「イジメル側に立って書かれている」ことに気づかない無神経さが、イジメをひろげているのです。

*カウンセラーが、敵だったということは、ワタシも高校生時代に、経験しています。
専門家による、セカンドレイプです。


とはいえ、そんなのばっかりを相手にして、いちいちグズグズ言っても仕方ないですから、切り捨てて、生きるしかないです。

で、「何月何日何時ごろ・どこで・だれに・何された・何言われた」(5W1H)のメモでさえ、有効です。

大人でも、自分が言ったことやしたことを、しっかり記憶しているヒトは、きわめてマレです。
正確な記憶力を持っている方は、日常的には、まず出会ったことがありません。

ワタシは、虐待されて育った子どもなので、「されたこと・大きくなると言葉の暴力・暴言を吐かれたこと」の環境は、普通の大人には真似できない記憶力を、子どものワタシに育てました。

大人になって職場でも、会社が潰れるかというパニック状態でも、こうした記憶力をたよりに、周囲の情報を整理できて、適切な処置が出来ました。
周囲が混乱すればするほど、冷静になっていくワタシの姿は、部下やまわりのみんなには良く驚かれました。
そうした事態は、人生で3,4回はあるものでして。
今にして思うと、幼くして何度か修羅場を通りぬけて、死を覚悟した人間独特の度胸というか、「どうせ簡単には死ねない」という思いがあるのようです。

で、その記憶力を術に、防衛本能を育て、70歳まで生き延びて、今も有効に使ってます。
だから、生き延びるチャンスさえあれば、イジメはむしろ「有効活用」できる教材なんです。

*こうした感覚で、もっとも無神経だったのは、教師や役人やマスコミ関係者たちでした。
今でもアキレルほどの鈍感ブリとは、日々闘ってます。

最近もご苦労の無い大学教授集団と闘って、粉砕・撃退しておきました。
苦労の無い老人というのは、老害そのものです。
この場合のワタシの方法論も、相手が口にしたことを、洞察力で組み立てて、「こうゆうことかい?」と問いただして、自分たちでさえ気づいていなかった、アラレモナイ願望を剥きだしにする手法でした。
自分達がイジメル側に立っていることに気づかない老人というのは、もはや認知症です。


だから「記憶」だけでは、学校や社会では相手にしてくれません。
立場が変われば、事実はいくらでも違ってきますから。

*人間関係における「事実」というのは、客観的で傍証的な「データ」を、洞察力でつみあげないと、周囲に納得させ力は持ちません。
だから、録音だけでは、いくら「事実だ・証拠だ」といっても、潰される可能性があります。

それ以前に、イジメに巻き込まれてパニックになっている子どもに、探偵ゴッコの提案が受け入れられると考える大人は、被害者をエジキに、新たなイジメを思いついているだけです。

まして訴訟とかでは、よほどの覚悟がないと、周囲の圧力で、こっちがつぶれます。



ただこうした方法は、大人になって、ブラック企業やDVでも、とっかかりとしては、十分有効な防衛策なのですが。

携帯のカメラや録音機能は、どんどん使いこなせると良いです。





70歳の誕生日を迎える直前の4月末から編集する2015年08月28日19:39全体に公開 みんなの日記 19 view.

区の体育館がひらく週1回のノルディックウオーキング公開練習(参加費・1回150円)に参加して、体幹が安定したらしく、ゴルフのスコアが10上がったことは、すでに報告しました。
(田舎では、4,5年ゴルフのコーチについて、相当費用をかけましたが、周囲の仲間同様、スコアはほとんど伸びませんでした)

で、8月末になって、(ノルディックウオーキングは、スキーを漕ぐ要領で、両腕の推進力で、歩きますので)、上半身の筋肉はついたのですが、上体にくらべて、いまいち脚力や腰の柔軟性がついてない、はっきりいって「脚がダルイ」ことが、ここ1か月ほど気になっていました。

そこで、涼しくなった数日前から、ライオンのような四足歩行に、勝手に「インターバル速歩」を取り入れてみました(笑)


で、買い物中も、速歩を取り入れたら、短い時間で、急に脚力がついたような気がします。

2時間の「ノルディックウオーキングだけ」の効果と疲れと比べると、1時間の「インターバル速歩ぺースでのノルディックウオーキング」は、効果がありそうで、しかも疲れが、3分ごとに休んでいるのですから、はるかに少ないです。


ただし今は、単に筋肉が張っているだけかもしれませんけどね(笑)

すくなくとも、「ウオーキング」と称して、ただ歩いているだけでは、月一ゴルフのラウンドと同じで、筋肉は現状維持で、増えはしないようです。

だから「衰え」は、しっかり浸食してくるわけで。
何もしていない仲間は、ゴルフが辛くなってくるわけです。


ともかく、70歳になって、特に60歳代後半に使い果たした筋力資本を、なんとか取り戻したいと、思ってます。


脳みそも、筋肉の一種ですから。

ますます社会は、反知性化して、いたるところで劣化が進み、あやしくなる一方です。

政治は、所詮は、「その場シノギ」の繰り返しでして、そのためにこそ、英知と知性が必要なんですが。

マザコンでコピペ談話の国のリーダーは、自分の妄想に夜郎自大に閉じこもり、その女房はロックシンガーにトチ狂う状態は、もはや「憲法違反スキャンダル」のレベルに入り込んでいます。


こうなると、自分の老い先、抵抗運動を全うするには、まずは「体力を整えること」からと、考えています。


*恥ずかしいので実はあまり公表はしていないのですが、夢は、子ども時代のように、野山を、ノルディックを使って、駆け回ることです。

田舎の老人たちは、今でも、退職記念に、最後の勤務先があった山形市から松島まで(180km)ほどを、ペットボトル片手に、ふらふら歩いて帰ってくるのがいたりして。

日常でも彼らは、10,20kmは、散歩代わりに歩いているようで。
(まあ、動機は「帰宅拒否」でないかと、思ってますが)

流石に奥州・荒蝦夷の末裔だけあって、立派な遺伝子です(笑)


で、ワタシも、明日、旅行用のコンパクトに折りたためるノルディックを、購入する予定なので。

いよいよ「夢は枯野をかけめぐる」って、ヤツですかね(笑)


近況でした。

コメント












ツイート







コメント


絵師
絵師2015年08月29日 13:28 削除午前中いつもの公開練習があったので、師匠に相談してみました。

いきなりフォームを修正されて、納得しました(笑)

要するに、フォームが甘かったわけで、特にノルディックの扱い方が、いい加減だったのです。

ゴルフとかですと、最近は道具が、特に老人用が発達して、正確にフィットしてなくても、素人としてはそこそこ、ある程度は飛ぶんですが。
ノルディックは正確に取り扱わないと、当たり前ですが、歩くフォームにまで影響してきます。

「ある程度、体験しないと、言っても理解できないでしょ?」
と師匠は笑ってましたが。

さすが協会トップの老人で、長くマラソンや競歩のコーチ歴をもつ師匠なだけに、教え方も上手です(笑)
ワタシの動きをみて、適切なアドバイスと練習方法を、タイミング良く出してくれました。
これが老人力なんですね。


で、「これはスポーツですから」と、師匠は笑ってましたが、ノルディックは「身につくまで時間がかかる」とは聞いてましたが、やっぱ奥が深いです。

ワタシの腰と脚力の問題は、このフォームの修正で、十分みたい。


で、インターバル速歩は、これはこれで効果はあるので、普段の買い物や外出とか、ノルディックを持たないときの歩きで、使えるはずです。
  1. 2015/09/19(土) 13:05:11|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンタ

プロフィール

元・学園長

Author: 元・学園長


ここを執筆する 元・学園長 ですが、還暦はとうにすぎているのに、最近、江戸 手描き友禅 の修行もはじめました。

ここの絵は、当時小学4年生の男の子が描いてくれた絵です。
下手な写真よりも、はるかに元・学園長の特徴をつかんだ、観察力と表現力なので、今でも大切にしています。

はじめての方は、引越しソバ代わりのおみやげもありますので、下記をご覧ください。
引越しのご挨拶

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

当方の記事に、関係がないと判断したコメントは、削除する場合があります

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索