FC2ブログ
Home  All  Log in

あかつき 事件簿

学園長の 身辺報告や雑感を 週刊誌風にまとめたものです

0426今秋のスクラップブック

また出張です編集する2015年04月20日12:39全体に公開 19 view.

美術館がオープンして、慌ただしい半年が終わって、一段落して。
担当者も交代して。
今後について、打ち合わせ?です。

70歳の誕生日を来月にひかえて、ノルディックウォーキングを習い始めました。
ハードさを、自分でコントロールできるところが、嬉しいです。

周囲では、また致死の病や鬱にハマる者もいて、スケベ爺の意地を維持するための、体力強化にはいることにしました。


死刑を執行するには、囚人が死刑に耐えられる健康でないと、死刑には出来ないとかであっかんべー

どうせならワタシは、覚醒して、目を開けたまま死にたいので、前のめりの老後生活に、突入することにしましたあっかんべー

要は、後がないから、サボってるヒマないってことで。

もともとだらしない怠け者のワタシなので、自分の人生ではじめて少しは日々を管理して、「終活」に努めてみるつもりです。

どうせ大それた野望があるわけでもなく。
ダメ元人生で、やってきてますからあっかんべー

さいわい過去を懐かしむほどの栄光が、ワタシには無いことは、ラッキーでした手(チョキ)

ズーッと低空飛行で、いつも失速寸前で、地上に車輪が当たって、その反動を使って、ヨレヨレと浮かぶ人生で。

一応日記では、勇ましいこと言ってますが、まあ今回も、実はそれですねあっかんべー


*ところで、高校同期会で、古稀を記念して、合同回顧録を出版するのだとかで。

老いさらばえた産業廃棄物が、田舎の男子だけの進学校に誇りを持ちたい気持ちは、わからなくはないけど。

おだてられて、社奴として使い捨てられてもなお、そこまでホモソーシャルでいたなら、核廃棄物処分場そばに、大きな穴を用意して、共同墓地にして、投げ込んでやるのにあっかんべー

10万年単位で、管理してもらえるんだから、チャチなエゴにとっては、本望でないかい?あっかんべー

剣闘士でさえ、ローマ帝国に逆らったのになあ。

「奴隷のくせに、奴隷でない」と、騙されるオツムの弱さが、ネトウヨや自称・保守本流の、エセ・プライドなんだよなああっかんべー


コメント


イイネ!(2) 一葉 カナル .


コメント


絵師
絵師2015年04月22日 02:48 削除田舎町が、分不相応な美術館を持って、どう取り扱うかも考えずに、素人同然の指定管理者に丸投げして。
指定管理者がまた、学生みたいな学芸員に仕事を丸投げして。

結果として、今まではワタシが描いたシナリオで、ワタシにオンブして、オープン半年の展示をすごしましたが。

いよいよ自分たちだけで、企画を立てて客を集めなくてはいけなくなって。

町にヒトが集まる日には閉館し、ヒトがいない日に開館して、「客が来ない」と嘆くような、不特定多数の客を集める手順すらしらず。

案内地図は駅にはなく、途中の案内経路すらなくて、外来の客が狭い町で、道に迷うありさまで。

その現状は、美術館運営の現状そのままで。
何をしなくてはいけないかを、自分たちがわかってない状態そのままで。

しかし出来ることしか出来ない現実というか、なりふり構わず、前に進むむためには、狭い町だけに、市民の協力が必要で。
その市民が、お手並み拝見と見ているなかで、市役所側の不作為と、無見識は、指定管理者側の公私混同、原資が税金であることへの認識不足を放置して、それが日々、市民の目にさらされて。

市役所が把握している情報のレベル以上に、ワタシにはこまかな市民感情が入ってくるので。

そのギャップに悩みますが、いずれ普通の「市役所と市民の間のギャップの平均値」に収まるのでしょうが。

そのギャップの狭間に、我が家の名前がつくことに、ワタシはどう対処すべきなのか?

そのギャップに、民間業者である指定管理者が、どこまで耐えられるのか?
「細心の注意」と「鈍感力」が試される、高度な田舎政治が必要なのですが。

ミニ版沖縄基地問題ともいうべき、政治権力と市民感情の亀裂は、平行線で続いてしまう気配があります。
とりわけ秋の市長選挙の結果次第で、風向きはガラリと変わりそうで。

隣の村の村長セクハラ辞職のように、指定管理者のガキじみた公私混同が、だれの目にも露骨になれば、市役所の丸投げ責任の追及が起きれば、市役所は庇いきれずに、次の契約更新で指定管理者を切ってくるでしょう。

で、ワタシは、「知らなかった」とは言えない立場で。

むかし炭鉱で、ガス爆発を予知する役目をしたカナリアが、まさにワタシであっかんべー

すべては他人任せの世界で、いつまで能天気顔で、楽しくさえずり続けさせて、いただけるものなのか?

ある日、気づいたら、「死んでれらー」なのか?

狭い町を歩くワタシの顔色を、注視する市民の視線が、コーヒー飲みに入るパン屋のウエーターの目の色からも、身に刺さりますあっかんべー



2008年だったかの編集する2015年04月16日23:05全体に公開 みんなの日記 9 view.

■なぜ教師のわいせつ犯罪が見過ごされるのか? 生徒との主従関係と、加害者をかばう学校の問題点
(ウートピ - 04月15日 12:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=184&from=diary&id=3372293
大分県教育委員会汚職事件に代表されるように、教員たちの関心は、仲間内での出生(人事権の掌握)レースで。
要は、支配欲権力欲が、彼等の世界観のメインになっている。

従って生徒を見る目も、支配欲を通じた色眼鏡でしか、みていないので、「良い子・良い生徒」というのは、教師のそうした眼鏡に適応した子どもが、大事にされる。


だから、文部科学省→教育委員会→校長→教員→小国民(PTA・生徒)という支配構造のなかで、「民主的教育」を標榜する教師でさえ、生徒に逆らわれることへの免疫は、驚異的に低い。

今、国家権力支配がストレートに国民に及ぶのは、学校で。
かつての軍隊と同じで、一番下っ端(生徒)が、そのパワハラ被害を、一番に蒙る構造なのです。

塾の教師が、ターゲットを保護者や生徒に絞っていることとは、根底の世界観がちがうので、こうしたセクハラが、塾よりももっと学校では起こりやすい。


で、学校が、セクハラをかばう理由は、セクハラを訴える子どもや保護者が、自分たちの支配の論理をおびやかすととらえての集団防衛だからです。

>校長から「先生にも奥さんや子どもがいる。辞めさせられたら、家族はどうする」と言われたというものがありますね。これも中立のつもりで加害者側に立っているケースだと思います。

これを「中立」ととらえる方が、おかしいでしょ。

>アンケートを取ると「子どもが嘘を書く」と言う人もいた

も同じ理屈です。

「権力にしたがっている自分たちは、間違っていない」という自分たちの歪みへの自己欺瞞こそが、こうした問題の元凶です。


*現実に、こうした集団妄想に固まった教育委員会を相手に、一つ一つ事実を私はつみあげて、この春、一人の女性職員が辞職しました。
辞職によって、問題をすり替える教育員会のやり方にも、ワタシは怒ってます。

闘いは積み残された問題を火種に、また始まります。

しかし、これはワタシが大人だから出来る闘いで、生徒や保護者では、難しいでしょう。


賽の河原の石積みとはいえ、闘うしかないですね。




また出張です編集する2015年04月10日12:20全体に公開 3 view.

桜が満開といってますが、こっちは野暮用です冷や汗



今日からまた出張編集する2015年04月04日09:15全体に公開 みんなの日記 9 view.

4月中旬まで、忙しい日々が続きます。


保育園がないと編集する2015年03月31日07:18全体に公開 みんなの日記 178 view.

「将来が、先細る」とは、考えないんだろうか?

ワタシは70歳で同じ区の住民だけど、この地域の住民には、認知症が早めに出るらしい。

認知症って、感染症だっけ?

去年、近所では、近くに子どもが住みながら、老人の孤独死がやたら多かったと、近所の保護士のオバサンが言っていた。
近くにいながら、週に1回程度顔出す子どものころから顔を知っている初老の息子や娘に、「お母さんは、認知症が進んでますから、お医者さんに相談しなさい」といっても、「大丈夫ですよ」と、子どもたちは笑ってとりあわなかったそうで。
結局、最後は、その母親は、家の中で野たれ死の壮絶な最後で、事故死扱いで司法解剖をうけることになったとか。

だから、うちの近所は、「ワケアリ物件」というのだろうか?私鉄駅のすぐそばなのに、そうゆうのが結構多い。

で、保育所の騒音をイヤがって建設に反対するヒトたちと、親を孤独死させるヒトたちと、どうつながるのか知らないけど。

「静かなら良い」というなら、墓場が静かなわけで。
保育所に反対する人たちは、自分たちの環境を孤独死で悶え死ぬ住環境にするのが、願望なのだろうか?

不動産の価格評価って、だれがするのか知らないけど。
「保育園が近所にない」「老人の孤独死が多い・死体発見に1週間はかかる・夏は腐乱する」といった住環境は、不動産価格の低下につながらないのかしら?

保育所が近所にないことを、不動産評価でマイナスにポイントつければ、こうした都心に近い住宅地住民の反応も、違ってくるのじゃないかな?

最近、どこぞの外国人が、「21世紀は近代的進歩への反逆の世紀」だとか書いていたけど。
人格障害的な思考停止か短絡思考だけが増えているだけで、反革命などという高邁な精神とは思えないな。


前から選挙で投票場にいくたびに、やたら肩をそびやかす老人夫婦とかとすれ違うと、「この連中が、自分たちは行かない戦争に、日本を追い込むだな」と感じたけど。

なんであれ、少子化が進んで、日本の将来が危ういのに、「保育所の声がうるさい」と言ってるエゴ老人は、野良犬レベルの孤独死が待っているってことだな。


某公共放送の会長の醜態を見るていると、認知症診断とともに、老害度診断っていうのも、必要でないのか?
18歳まで選挙権を下げるというなら、自動車運転免許の定年制導入と同じで、「社会的志向性が停止しているエゴ老人は2人で1票」とかにしないと、ダメなんじゃないか?

「子どもの声がうるさい」と感じたら、立派に認知症の始まりなんだけど、そうゆう具体的な診断をしないから、老害がふえてしまう。

ワタシは70歳だから、若者の思考停止脳と、死ぬまで闘ってやるつもりなので、周囲は「あなたは孤独死はないわ」と、あざけっている(苦笑)

これって、実はワタシ自身のセキュリティー確保の、自衛権の発動のつもりなんだけど。
なんか幻想している平和ボケ政治家がいるけど、アメリカの核が、目黒区の老いた黄色い猿の末路など、保証してくれるはずがないだろうに。






コメント












ツイート




イイネ!(6) たらお 空海 haidi 某けい ハナミズキ GARIX .


コメント


GARIX
GARIX2015年03月31日 07:37 削除はじめまして。ニュースからお邪魔します。
実際にその年齢の方が言われると言葉の重みが違います。

食糧事情の改善と医療の発展で長寿命化した結果、「老兵たださるのみ」
「老いては子に従え」ができず、いつまでもエゴを通す方が目につきます。

老齢の方から一部とはいえ権利取り上げるのは心苦しい点もありますが
人生はエスカレーターの様なもの。立ち止まられたら排除せざるを得ません。

そうしない為にも、一歩引く姿勢を将来の我々の為に率先して見せて頂きたいものです。
コメント




絵師
絵師2015年03月31日 07:48 削除> GARIXさん お言葉ですが、引き下がる気はありません(笑)今、近所の大型スーパー改装工事の話にならない説明不足と、思考停止の無計画性と闘ってます。別件ですが、役所の認識不足とは、3年越しでケンカしてて、昨夜も20時すぎに、役所から電話が来てました。老人の重みというのは、そうしたシブトさです(笑)



GARIX
GARIX2015年03月31日 08:17 削除そういった事ではドンドン前に出て下さい(笑)
ただ、若者と意見が対立した時に「この若造が!お前の意見なぞ・・・」と始まって欲しくないだけなので。
大塚家具の件なんかその好例かもしれませんね。
コメント




絵師
絵師2015年03月31日 09:46 削除> GARIXさん ワタシに直接かかわった女性係長から今朝、退職するとの連絡がありました。前々から、上の空だったのですが、この3年で、ワタシは交代できないのに、向こうの選手交代は、これで4人目です。ワタシのセイではなくて、役所側のブラックな体質の証左と受け止めてます。「若造」はいけませんといいますが、「若造の無知による傲慢さは、自分が若い時にそうでしたが、目に余ります。要は、学習能力の問題なんですよ。こればかりは、いくつになっても変わらないし、変われない。
威張るヤツは年齢に関係なく、学習不適応で、そうゆうのに限って、権力志向が強い。多分自分の弱さを自覚しているので、それを握った権力で、ごまかしたいのでしょうな。
ワタシは、失うものがなく、孤独死すら気にしてるヒマがない老人ですので、その意味では若者には迷惑でしょうな。(笑)イジワル爺を生きがいにはしてませんが、保育所帰りのガキと、悪口を浴びせあう程度のことは、続けたいですな(笑)
スポンサーサイト



  1. 2015/04/26(日) 20:42:09|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンタ

プロフィール

元・学園長

Author: 元・学園長


ここを執筆する 元・学園長 ですが、還暦はとうにすぎているのに、最近、江戸 手描き友禅 の修行もはじめました。

ここの絵は、当時小学4年生の男の子が描いてくれた絵です。
下手な写真よりも、はるかに元・学園長の特徴をつかんだ、観察力と表現力なので、今でも大切にしています。

はじめての方は、引越しソバ代わりのおみやげもありますので、下記をご覧ください。
引越しのご挨拶

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

当方の記事に、関係がないと判断したコメントは、削除する場合があります

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索