FC2ブログ
Home  All  Log in

あかつき 事件簿

学園長の 身辺報告や雑感を 週刊誌風にまとめたものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

0619今週のスクラップブック


田舎の公民館を改装して編集する全体に公開  2013年06月15日14:18 ある一人の洋画家を記念した美術館に、建て変えるコンベンションがあって、参加してきました。

3社の応募があり。
うち2件は著名な会社でしたが。

残念ながら、3社そろって月並みな展示方法を想定した提案ばかりで。
作家の狂気に迫るアイディアは、ありませんでした。

もともと国と市が資金を用意した施設なので。

どうしても市民むけの、みんなが楽しむ市民施設が、目指されるのですが。

これでは作家の、創造性の秘密が、浮き彫りにはなりません。

要は建築家たちは、自分たちはアーティストと思っていますが。

絵については、なにも知らないことが、良くわかりましたあっかんべー

もともとワタシを抜きに、設計を建築家に丸投げした市役所がバカなので。

中の運営展示は、ワタシの責任なわけで。

これで市の方針が、変われば良いですが。

三年で廃墟になる要素は、今から摘み取る必要があるんです。





コメント

イイネ!(1) アリス



こうした編集する全体に公開  2013年06月11日15:42 ■「最大揺れ想定してない」大飯原発、試算に不備
(読売新聞 - 06月06日 20:10)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2457353

自分勝手な解釈による運営体質が、自分たちの寿命を縮めていることに、まだ気づかないのだなあ。

これは「組織的認知症」として、検証に値する現象だなあ。

どこかの教育委員会とか、自浄能力すら失った、制度疲労が起きてる組織は、たくさんあるわけで。

再び大きな事故が起きる前に、検証して、その特徴を抽出し、国民的認識として共有しておかないと、国益を損なうよね。

一番危険で、しかも先が見えない核エネルギー問題で、ここまで杜撰な管理を許していることだけで、国民の不信をかっていることに、まだ気づかない政治家というのは、「目先の利権に目がくらんでいる」といわれても、仕方ないんでないか?

廃炉問題で、フランスの指導を受けるとかだが。
「技術は教えたけど、管理能力が子ども並に未熟で野蛮」といわれたら、いよいよ
お手上げじゃん
あっかんべー

明治のお傭い外人教師なみに、高給待遇だろうから、彼らはサービス業の分は守るだろうけど。

それにしても、悲しい話だねえ。



今日たまたまアメリカ人の少壮学者による編集する全体に公開  2013年06月09日23:43 世界遺産登録で、盛り上がる富士山 ガイド付き、サイクリングなど企画ツアー続々
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=105&from=diary&id=2459422
「歴史から読み取る日本のシンボル「富士山」とはなにか」と称する講演を聴く機会があった。

逆にいえば、講演者の40数歳の若い学者が、アメリカ人の目からみて、「富士山」のイメージを、どうまとめているかに、興味があった。

彼は、近代史が専門のようで、近代の日本人と富士山の関わりについては、いろいろなエピソードを、ふつうの日本人の、「ちょっと調べ物好きのオタク」程度には、良くまとめていた。

しかし室町時代以前については、ほとんど通俗的知識しかなく、これは逆にいえば、日本人自身の富士山理解の限界を、示していると考えられた。

少なくとも、奈良平安時代、「ふじ」の名前が、鏡味完二(1953)の説(「長いスロープを意味するフジという方言」が、中央(大和)に伝わったという説明)が有力なようだが。
富士山は当時の政権の東の端に位置しており、それが東国系の木っ端役人(赤人・蟲麻呂)の和歌として「万葉集」に残ったりしたわけで。
聖徳太子が、富士山を馬で駆け上ったという鎌倉時代に出来た伝説も、「日の出ずる国の皇子」として、妄想されたイメージだったのだろう。

そのあと、東国(関東)に成立した地域暴力団連合」ともいうべき鎌倉幕府にとって、さらには3代将軍足利義満が、南北朝を統一して「日本国王」を名乗った室町幕府にとっても、富士山麓の巻き狩りは、当時の武家政権成立を全国にアッピールする政治的大デモストレーションとして行われており。
後の徳川政権は、将軍権威の江戸城の背景に、山岳信仰で神として崇められた富士山を配置する、富士山の「威光」を利用した、江戸城下の都市計画を実施しているわけで。
*家康の祖先が出た三河松平郷は、山間の僻地で、近くは室町幕府の中堅官僚を排出している土地だが。
今でも林業地域で、家康は山伏系の薬にくわしかったらしい。
(葵の紋は、かつては毒消しのワサビだったという。要するに薬屋のマーク)
家康の晩年、各大名や幕府重臣は、風邪をひいたりすると、家康が調合した怪しげな薬に、悩まされたという。

ともかく家康の富士山利用が、後に、江戸庶民生活のなかから富士講が、幕府批判の思想を孕みながら、熱狂的な広がりをみる背景をつくることになる。

その歴史的前提があって、明治にはいり、国家神道の形成過程で、「幕府権威付けと庶民信仰に分裂した富士山信仰」は、「日本の象徴・富士山」に変容していくことになるわけで。

こうした時代ごとの富士山の、政権にとっての地政学的位置を見ることで、時代ごとの富士山の果たした役割を厳密に見ることをしないと、1万1千年前の縄文時代から今に伝わる祭祀施設に遡る、膨大な富士山をめぐるエピソードの山を、つまみ食いして羅列するだけの、従来の「NHK御用学者」的な「外人日本学者」の思考パターンと、変わらないことになるわけで。

「文化庁の観光日本の売り込み」と「宗教的文化遺産」(現代日本に、富士山岳信仰が、どこまで生きているかのか?ワタシは疑問に思っている)のギャップに矛盾を感じていない文化庁的「日本のシンボル」論に、容易にカラミトラれてしまうと、注文しておいた。


ワタシの危惧と発言の趣旨に、気づいたヒト(面白いことに元東大地理学教授で某富士山学会の会長の老夫人が「良いお話を、ありがとうごさいます」と、声をかけてきた)は、彼女以外にも会場に何人かは、いたが。

外人学者も含めて、会場の多くの聴衆には、「富士の文化遺産登録は、新しい政治的陰謀ではないか?(恐らく中曽根元首相をかつぐ大手広告会社たちの)」と疑うワタシシの危惧は、理解されなかったようだ(流石に露骨にそこまでは、口にしなかったので)。

まあ、講演会の企画主催者が、「どうせ外人がしゃべったことだから」と、無責任な「日本理解」を日本人にタレ流すこと自体、いかにも「つたない外人に寛容なナルシスト日本人」をバカにした、マスゴミ便乗のデマ技法とも、考えられ。

かくして、富士山の世界文化遺産登録は、その意味も環境保護問題も、深くは議論されないまま、既成事実として、観光資源化されて消費されていくことになるらしい。

*「原発安全神話」の流布が、中曽根元首相時代だったことを、ワタシはどうしても思い出す。

*なお青年学者は、講演後の立ち話で、日本に旅行したことがないドイツの年配の女性が、実際見たことが無い富士山を、夢で見て、「憧れている」話をしていた。

また幕末から明治はじめの外人旅行者が、横浜に到着後、異口同音に「富士山の壮麗な美しさ」を記述していることをあげて。
「いつも天気が良かったとは思えない」と、不思議がっていた。

外人が撮影した幕末の江戸の風景写真に、富士山が写っていたことはワタシも覚えており、百万都市の近くに、これだけ高い山があることは、世界的にはめずらしいという、彼の説明には納得した。

キリマンジェロ周辺の原住民の、観光化した雨乞い踊りのレポート程度よりは、ましなことはたしかであったが。

外人が、富士山のエピソードをたくさん知っているというだけで、ちやほやされる日本人ナルシズム現象もまた、「幻想・妄想が好きな日本人」の、特徴なのだろう。




旧日本軍でも、編集する全体に公開  2013年06月07日21:57 ■米の自動車窃盗団、捕まえたら軍関係者ゾロゾロ
(読売新聞 - 06月07日 20:53)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2458840
似たような話は、普通にゴロゴロありました。

現代でも某国の国内紛争を止めに派遣された国連平和維持軍は、その国の人身売買に、深く関与していたという話は、映画にまでなっていますし。


再軍備すると、日本は「美しい国」になると、吹聴している政治家がいますが。

役所が外郭団体を新設するときは、天下り先の拡大確保であるのと同じで。
原発再稼働が、利権の保全であるのと同じで。

耳障りの良い「美しい国日本」は、他人の金である税金の無駄遣いの「親方日の丸」人種と、国家財産横流し人種を、増殖させるだけでないかなあ。


今でさえ、知り合いの某中堅の退職国家官僚は、美味しいポストに天下りするほど偉くなかったので、聞こえの良いNPOをデッチ上げて、「金なら、いくらでもある」と称して、役所や一流企業から、ムシれるだけアブク銭を集めてます。


政治家のキレイな言葉を、純心に信じたがるお人良しのネトウヨって、ほんと迷惑なんだよね(苦笑)


コメント

イイネ!(0)
コメント

謎猫@黒腋巫女
謎猫@黒腋巫女2013年06月08日 00:18 削除
汚職国家中国もやはり同じでこちらは航空機まで盗んで売ってるとかw ただしかなり旧型のミグ15なのでアルミ屑にしかならないけど。 コメント
絵師
絵師2013年06月08日 02:28 削除
> 謎猫@黒腋巫女さん 
4千年以上まえに、初めて人類に統一国家的な幻想を考え出した中国が、未だに汚職に苦しんでいるのですから、日本なんか、まだまだ駆け出しでしょうね(苦笑)旧型ミグをアルミ屑にしてさばいてもらっているなら、経費節約で、奨励しないまでも、軍部は袖の下もらって、黙認しているかもしれない(苦笑)金を握れば、権力は買えるのは、日本だけじゃないでしょうから





教えてください編集する全体に公開  2013年06月07日10:57

猫ってなんで猫団子になって寝てるの?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=95&from=diary&id=2457878
このニュースに直には関係ないけど。

夏生まれの猫は、虫を追いかけるので「むこ」と呼ばれるそうですが。
春秋冬の生まれる時期によって、それぞれ呼び方に違いがあるそうです。

方言が多いと思いますが、調べています。

もし心当たりの方がいたら、教えてくださいませm(__)m

*なお「むこ」の採集場所は、鎌倉中心の神奈川ですが、祖母が亡くなっているので、以下は不明とのことでした。



コメント

イイネ!(0)
コメント

パンダ子総統
パンダ子総統2013年06月07日 11:31 削除
ニュースより、
自分は新潟でしたが
春生まれは蛇を取るからヘコ
夏生まれは虫を取るからムコ
秋生まれは鼠を取るからネコ

と聞いていました。 コメント
絵師
絵師2013年06月07日 12:14 削除
早速にありがとうごさいます。

蛇を取るのがヘコは、聞いた覚えがありますが、季節に関係するとは、知りませんでした。
確かに蛇が孵ると、チビ蛇が、わさわさ出てきますから、光景が目にうかびますねわーい(嬉しい顔)

秋も、収穫した穀物をねらうネズミを狙うのだから、納得できます。


冬は、無いのですか?

コタツで寝てるから、やっぱ「ネコ」?(爆)




U2013年06月07日 12:36 削除
虫でムコではなく、
蝶々でチョコ(蝶子)って言ってました(^0^)/ コメント
絵師
絵師2013年06月07日 12:52 削除
これまた、可愛いこと(^O^)!

岡山での一般的、呼称なんですか?
語感は、新しいですね。

用語法は、
「うちの猫、またチョコしてるう」
みたいな、言い方なんでしょうか?

でも、どんどん名称が、細分化していく可能性が、でてきましたね(爆)

ゴキビが相手だと、ゴッコ?
クモが相手だと、クッコ?
バッタが相手だと、バッコ?


絵師
絵師2013年06月07日 13:07 削除
そういえば、猫は花とも遊びますよね。
本文に後付けしておきますが、ワタシが注文で描いた、「椿猫」です(笑)
1904026904_4.jpg 1904026904_211.jpg

これは、ツッコかな?


Proton
Proton2013年06月07日 13:15 削除
ジブンは昔、母から、
「猫には ねこ(鼠を捕る猫)、とこ(鳥を捕る猫)、なこ(魚を捕る猫)
が居るんだよウッシッシ」 と聞いた事があったのですが、産まれた時期によって違うとは知りませんでした^^*
呼び方も色々なパターンがあるんですね^^*

母は猫好きですが、父は魚好きなので、家の縄張り担当の子が魚子のときには厳重警戒態勢発動~でした^^*;

日記から、おもわず、通りすがりに失礼しました^^*; コメント
絵師
絵師2013年06月07日 13:32 削除
> Protonさん 

通りすがりに、どうもです。

ねこ・とこ・なこ ねえ。
また新しい呼称分類ですね。

どんどん出てきて、楽しいですね。

良く生態が観察されているということは、愛されている証拠でしょうね。

ヘコとか、チョコとか、ナコとかって、辞書にもありませんものね(爆)
アリス
アリス2013年06月12日 23:22 削除
夏生まれの猫は、虫を追いかけるので「むこ」 

知らなかったーexclamation ×2

その他
皆さんのコメントを見ていたら
色々あり、面白いものですネわーい(嬉しい顔) コメント
絵師
絵師2013年06月13日 10:01 削除
> アリスさん ヘコは、聞いたおぼえがありますか、ムコは、しりませんでした。

方言ともいえない分布のようです。
言葉ひとつで、生活実感が、身近に感じられるのが、嬉しいですね。

親から子どもに、伝えられる愛情を、ネコが運んでいるところが、嬉しいですあっかんべー

政治家やマスゴミやネトウヨに言われなくとも、日本は美しいんですからむかっ(怒り)


中学生とかの初恋行動に似てるなあ編集する全体に公開  2013年06月06日19:51 ■怖いけど、知りたい…人見知り赤ちゃんの心理
(読売新聞 - 06月06日 17:26)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2457073

恋しかけていると、ジイーッと正面から、確かめるように見つめてくるし。

はっきり恋を意識すると、正面からは目をそらして、横顔だけとかを、ひたすら見つめてないか?(笑)


これと赤ん坊の「人見知りの弱い子」と「強い子」の行動の違いと、比べると、どうなるんだろ?
まあ、赤ん坊と中学生では、周囲の認知システムが違うから、同列にはあつかえないけど。


大人でも、人格障害者とかだと、会話中に目線が泳ぐことがあって、あれは幼稚な人格に解離している瞬間かもしれない(苦笑)



*正面からジーッと見つめる場合は、大人でも相手を理解したい、確かめたい、「だれだろ?」が、あるのかな?

*で、「人見知りが強い子」は、
>正面の顔からはすぐに目をそらすが横顔はじっくりと見る傾向があり、直視するのは怖くても、関心を持って観察を続けていると推論した。

は、確かに、ときどき観察する赤ん坊の行動ではある。


ところで、それ以前に、「人見知りしない赤ん坊は、親との絆が弱い」と思っていたワタシの考えは、今時は過去のものなわけ?

だから、「人見知り」を、

> 「人付き合いが苦手?」と心配する親も多い
というのに、驚いた。

1歳未満の赤ん坊に、「人付き合い」への興味を心配する親の方が、ヤバクないか?

赤ちゃん研究センターは、ママちゃん研究してほしいなあ。




これを「粋」と呼ぶことに編集する全体に公開  2013年06月06日00:00 日本W杯出場決定! 熱狂の渋谷で「DJ警官」の粋な仕切りが注目される
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=128&from=diary&id=2455094
違和感があるけど。

奇怪な自分勝手な妄想で、近隣諸国の神経を逆撫でることが政治家の使命と考えている、認知症の老政治家よりは、マシなことは確かだな。


この青年の、自分の職務に忠実であろうとする誠実さが、いつ暴徒化してもおかしくない群衆の耳を傾けさせるだけの、言葉に力をあたえたのであって。
彼の言葉の権威は、旅客機で機長が、「気流が乱れているので、ベルトをお締めください」と、いっているのと、同じ力なんだけど。

だから、DJ的物言いの力でも、ネトウヨの妄想を煽ることが、言葉の力ではないことを、マスゴミも政治家たちも、学ぶべきなんだけど。

学習能力があったら、国益を損ねるような発言なんか、するわけがないはずで。


それにしても、それほど、言葉をあやつることを商売にしている連中が、世間にあふれさせている言葉が、虚しいものばかりだという、証左なんだろうな。





今夜もまた編集する全体に公開  2013年06月04日15:55 ガンが転移した友人の、生前葬冷や汗

友人は、初犯ではないので、周囲も怯えています。


それにしても、企業戦士は、消耗率が高いです冷や汗
*ほかの大手広告会社のリタイア爺たちも、同じような、生前葬ゴッコばかりだそうです。


仲間4人のうち3人は、高校時代はヨット部で、3年間インターハイで上位を占めた連中で。
(ワタシは親の因果で美術部でしたが、海辺に住んでいたので、自然、彼らのアジト提供者)

こうした心身ともに、平均よりはるかに頑強だったはずの男たちが、ワタシ以外、全員ここ数年で、ガン手術を受けていて。

確かに、早期発見体制が進んだとはいえ、平和なはずの日本で、平均寿命を全う出来ないということは、何ががおかしいってことじゃないのかな?

若いうちは気づかないでしょうが、企業による妄想洗脳による思考停止も、生活習慣に与える影響があるのかもしれません。



老人だけでなく、若い方でも、支離滅裂なネトウヨたちの、ほとんどヘイトスピーチすれすれのMixiコメントとかを読んでいると、養育歴でのトラウマの影を、痛感します。

幼児期のトラウマが、ガン発生に影響することは、統計的には、調べられていますが。

企業教育の影響は、調べられているのかしら?



コメント

イイネ!(0)
コメント

絵師
絵師2013年06月04日 21:38 削除
そしたら、もう一人、十数年前からのガン持ちが参戦してきてあっかんべー

しかも仲間内に、制ガン剤をつくっている会社の監査役がいて。

治療体験から、制ガン剤の副作用から、クスリの分子構造まで。

一通り勉強させてもらいました。

で、さすがわが友、したたかにガンと共に生きて、酒も女も変態も、最後まで謳歌するつもりでいましたあっかんべー



アリス
アリス2013年06月05日 04:49 削除
> 絵師さん
企業教育の影響もあると思いますダッシュ(走り出す様)
ストレスの影響って大きいんじゃないかしらダッシュ(走り出す様)

ストレスをうまく交して
心身ともに、健康に生活したいものですネわーい(嬉しい顔) 
コメント
絵師
絵師2013年06月05日 05:53 削除
ワタシも、やはりストレスの影響があると感じてますが。従兄に某ガン研の親玉がいまして。むかしそれをいったら、「非科学的だ」と一蹴されましたむかっ(怒り)当時、彼は、焼き魚とかのお焦げとかを、疑って、追いかけていましたが、どうなりましたか?あっかんべー最近は被虐待児は、長く続くトラウマ反応で、ガン発生率が高いという報告がでてきてます。




神奈川県には、編集する全体に公開  2013年06月04日00:54 ■「姉は認知症」訴えに取り合わず…日興不正解約
(読売新聞 - 06月03日 14:37)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2452409
高齢者虐待防止のネットワークは、ないんだろうか?

案外お金持ちは、そうした支援ネットからは、外れていることがある。

盲点といえば、盲点なんだな。


以下、一般論だけど、80歳すぎたら、お金や名誉はあっても、家族だけでは守りきれないことがあるので、存在が地味ではあるけど、各県単位であるはずの、福祉関係者と弁護士を中核とする、高齢者の人権擁護ネットワークの存在を確認しておくだけでも、かなりの安心につながるはず。

「何か変!?」と思ったら、なりふり構わず、周囲に支援を求めるのも、高齢者が生き延びる知恵なんだよな。

長いこと福祉を家族と女性に押し付けてきた国の政策もあって、恥ずかしいとか、みっともないとかいう「家族の見栄」が、コトを深刻にする例が、よくある。

田舎では、多くの周辺の人に「事態の状況を知らせる」というだけで、街を歩いてても随分と白い目で見られたけど、結局、裁判沙汰にはしないで、トンチンカンな行政の処置を、修正させた経験があるけど。

田舎では、行政が相手だと、個別の弁護士は、特にお金持ち相手の弁護士は、ほとんど立ち上がらずに、事前に丸め込み、握りつぶすことをするので、注意が必要。





昨夜は編集する全体に公開  2013年06月02日15:31 田舎の進学♂高校の、同期会でした。
かつて鳴らした企業戦士たちが40名弱来ましたが。
あと数年で70歳を迎えることもあって、ほとんどがリタイア組とガン年齢花盛りで。

二次会の最後まで酒飲んで騒いでいたのは、ワタシのまわりに集まった5、6人で、後は生前葬のお通夜みたいに、静かなものでした。

むかしはエリート集団を自称してまして、今でも勉強会とか開いているそうですがあっかんべー、一流企業の役員になったのは一握りで、それすら今はただのリタイア爺。
かつてTVで、謝罪の仕方の善し悪しが、仲間内で話題になった某国営航空会社の副社長も、もともと軽薄さと無責任さだけで出世したので、昨夜は、いたのか、いなかったのか、最後まで気づかないくらい。

高齢化社会は、サービス消費者で、提供側に回れる活力があるのは、残念ながら、同期生には、見かけませんでした冷や汗

確率的に、最後までワタシのまわりで騒いでいた変態爺5、6人が、アルコール消費者として社会貢献しても、どうせ長続きはしませんからあっかんべー
いよいよ長生きするのも、芸のうち、になってきました。

とはいえ、田舎の片田舎とかでは、80、90は、はな垂れ小僧扱いの世界もあって、しっかり社会貢献してますから。

やはり日本は、一流企業ほど、企業内教育をまちがえてますね。



コメント

イイネ!(1) アリス
コメント

アリス
アリス2013年06月02日 17:06 削除
絵師さんは
仕事も社会貢献もお酒の方も
現役バリバリですネ手(チョキ)

高校の同期会も楽しいでしょうるんるん
うちは小学校、中学校は
よく開催しますよ
わーい(嬉しい顔)コメント
絵師
絵師2013年06月02日 18:20 削除
>アリスさん
女性は、思い出話優先で楽しめうでしょうが、一流企業戦士の退役組は、昔の名刺の肩書きにまだ色気を感じているので、可愛くないんです。しかも、実際、何が出来るわけではなく、もともと何も出来なかった自分を、一層実感するから、結局、生前葬のお通夜になるんです。変態爺でもよいから、現役なら、まだマシとも言えますが。実はワタシもそうですが、老人の元気なのは、解離人格がやっていることで、下手にイジルと、タガが外れて、厄介なんです。一番老害を撒き散らすのは、どこかの元首長とかその子分の首長とか、こうした人格障害を抱えた老人で、反省力の無さが、そのまま元気の元になっている手合いです。そして彼らが、老衰大国日本を、牛耳っているわけです。正直、テロも覚悟しないといけないかなあとすら、感じているくらいです。

絵師
絵師2013年06月02日 19:16 削除
実は前から気になっていたのですが、上野や六本木の美術館や博物館とかを中心に、膨大な老人の群れが、彷徨しています。この巨大な虚無の群れの政治的傾向というか、思考は、ちょっと怖いものがあります。代表が、前都知事選挙でした。高齢化社会に入って長くなりますが、秋葉原の浮動票は、政治家も狙いますが、高齢者の政治傾向については、学者は目をつけているのでしょうか?次回選挙は、この家庭でゴミにされている老人連中が、趨勢を握るハズですがね。



原発再稼働を編集する全体に公開  2013年05月31日13:48 http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=2449428次の選挙公約にかかげる自民党政権にとって、杜撰すぎて、内部からも運営を批判されて、いくらでも野党からの攻撃材料になった前理事長に代わる、期待を集めた人材なんだろうけど。


このヒト、履歴を見る限り所詮は原子力村幹部で、やってきたことは、前理事長と大きな違いはなく。

しかも2011年3月からの福島第一原子力発電事故では、責任追及の矢面に立たされているA級戦犯の人物。

日本が誇る高速増殖炉は、「もんじゅ」をふくむ3箇所のうち、「ふげん」は既に廃炉処置中。

「常陽」は、2007年6月の炉心内での、装置の衝突事故以後は休止中。
しかも事故後、約6か月後まで、「事故発生がわからなかった」とかで、「常陽」の損傷回復は、見込みがない中で。
(*高速増殖実験炉「常陽」の事故とその重大性(小林圭二)2011年10月29日閲覧
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/home/0901joyojiko.pdf)

で、「もんじゅ」がこうなって、今、日本の核エネルギーのリサイクル実験は、核兵器に使うしかない、ほとんどお先真っ暗。


これで、景気回復による金持ち票と、ネトウヨ票だけで、自民党は政権維持できるのかな?

一時の欲にとらわれて、10万年の錬獄に脚を踏み入れる踏み絵を、国民は迫られるわけだ。


今度の選挙は、国民の想像力を、どれだけ貧困に育てたかの文部科学省教育と、金次第で世論を操るマスゴミの成果が、試される時だなあ。

今度の選挙は、日本がネトウヨ老衰大国に歩みをすすめる、一里塚になるのかな?



故郷の田舎に来てます編集する全体に公開  2013年05月23日18:55 来た理由は、県役人から天下った田舎首長の思いつき行政でふりかかった迷惑を、少しでも軽くし、少しでも街のために未来展望をひろげるためですあっかんべー

隣の百万都市でも、「良かれと」考える行政で、うちはお袋を亡くし、親父は自分の首を自分で締めて、死期を早めましたが。

あれから15年たって、また似たような役人的発想で、今度はワタシが、下手で雑な町興し計画に巻き込まれて、働かされてますむかっ(怒り)

役人特有の、先を見ない発想は、総務省とかで、統一的に規格教育でも、してるんでしょうか?

なにもしなかった無為の行政の弊害も、大きいですが。

首長がちゃちな自分の業績に、一行書き加えるだけのために、金をかけて、余計なことを、相談なくやらかして。
後の責任はとらない想像力の貧しさは、田舎首長特有の、いじましいセコさです。

しかも、自分は良いことしてる気でいるから、始末に悪い涙


今回は、利権がからまないから、まだましですが。

これでどこかの原発村みたいに、自分の親族に利権をまわしたりしたら。

首長の地位は、麻薬のように、甘美でしょうねむかっ(怒り)




コメント

イイネ!(0)
コメント

アリス
アリス2013年05月24日 00:04 削除
世のなかには
麻薬のように甘美な利権ってありますねexclamation ×2

そういうものに固執する人って多いような気がするあせあせ(飛び散る汗)
蜜の味なんでしょうねふらふらふらふら コメント
絵師
絵師2013年05月24日 07:57 削除
> アリスさん 
麻薬は、本人が壊れるだけですが。
権力麻薬は、その無分別が、他人の人生に、大きな影響をあたえることが、犯罪的です。
絵師
絵師2013年05月24日 13:26 削除
この話は、もともとは国土交通省の「地方都市リノベーション事業」として、東北で唯一認められた、戦前の建物を、観光資源として、美術館として再利用しようとするもので。
そこのメイン展示品が、ワタシが著作権を持つ絵画群なもので。
ワタシは、いやおうなしに、巻き込まれることになったわけでして。

3・11の津波の被害を受けた故郷の復興に、一肌脱ぐのはやぶさかではないのですが。
国土交通省の話は、全額負担ではなくて、半額は地元の借金になるわけで。

要は、官僚支配の強化が、狙いでしかないわけで。

地方都市の地下鉄事業と同じで、結局、地域住民に負担を強いることになって。

手放しで飛び付く自治体の神経が、わからないわけです。

しかも今回は、話が唐突で、思慮も浅く。
多くの国土交通省のバラマキ事業と同じで、「数年後には廃墟」になる結末を、なんとか阻止したいというのが、ワタシの願いなわけで。

任期か終われば、後は知らん顔の首長とは、ワタシは立場が違いまして。

ある意味では、首長よりも、慎重に未来像を見渡さなくてはいけないわけで。

身の振り方も、いろいろ立ち回って、地元財界を巻き込むだけてなく、地元の声にならない声にも、耳を傾ける必要があるわけで。

この田舎町では、十数年前に、2か月間のロードショーを、ワタシが盛況に終わらせたイメージが、町には残っているので。

それでまた、巻き込まれたのでしょうが。

カードの配り方も、気を遣いながら、ことを進める神経は、役人には出来ない話なんですよねあせあせ



どうせそうなるんだから編集する全体に公開  2013年05月22日16:34 ■福井知事「議論尽くしていない」=規制委に不信感、敦賀活断層
(時事通信社 - 05月22日 14:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=2437883
今から、廃炉産業の誘致に名乗りを上げれば、再選間違いなしなんだけどな。


なにせ10万年は、支援金が続く産業だよ。

福井県も、日本政府も、消滅しても、超「永遠」に続く産業じゃん!


*外国人に人気の観光スポット1位は広島のあの場所!
http://www.news-gate.jp/article/38642/
だってよ。

コメント

イイネ!(1) Da@CR-Z
コメント

となっ!
となっ!2013年05月22日 17:52 削除
放射性廃棄物の無毒化まで、およそ10万年。
仮に原発が今すぐ廃炉になったとしても、それだけの期間は厳重な管理が必要。

その間に活断層が絶対に動かないという保証はどこにもない。

議論以前に、コレが安全だと断言できる神経が判らん。

コメント
絵師
絵師2013年05月22日 18:19 削除
> となっ!さん 
その「神経」というか「原発事故の人災的要素」も含めて、負の世界文化遺産に、名乗り上げれば、良い産業ネタになるのにね。

フクシマ事故の原因は、「地震だ津波だ」って、国民の目をごまかしてますが、現実はそれを作り安全と信じさせ、事故発生への備えを怠ってきた「人災」です。

知事も市長も、批判する相手を、間違えてますあっかんべー


規制委員会批判の中核は、経済産業事務次官、資源エネルギー庁長官、中小企業庁長官などを歴任した、望月 晴文(もちづき はるふみ、1948年7月26日 - )という、「原子力村の村長」でしょう。
現在は、世界有数の原子炉メーカーである日立製作所社外取締役で、原発輸出の旗をふってます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9B%E6%9C%88%E6%99%B4%E6%96%87


ツルリンドウ
ツルリンドウ2013年05月24日 17:53 削除
> 絵師さま
まったくその通りです。
その後も、あれこれミスが続いていますが、すべて、特に問題ない、といったスタンスで伝えられていますね。
不信感募る ! コ
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2013/06/19(水) 00:53:43|
  2. 今週のスクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンタ

プロフィール

元・学園長

Author: 元・学園長


ここを執筆する 元・学園長 ですが、還暦はとうにすぎているのに、最近、江戸 手描き友禅 の修行もはじめました。

ここの絵は、当時小学4年生の男の子が描いてくれた絵です。
下手な写真よりも、はるかに元・学園長の特徴をつかんだ、観察力と表現力なので、今でも大切にしています。

はじめての方は、引越しソバ代わりのおみやげもありますので、下記をご覧ください。
引越しのご挨拶

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

当方の記事に、関係がないと判断したコメントは、削除する場合があります

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。