Home  All  Log in

あかつき 事件簿

学園長の 身辺報告や雑感を 週刊誌風にまとめたものです

今週のスクラップブック 12/27

貧乏人がヒガンでも
仕方ないのだけど(苦笑)
>■実勢価格で83億円超…巨額の鳩山首相資産 (読売新聞 - 12月26日 03:01)
「友愛」などと、小学生みたいなこといってるボンボンの、道楽に付き合わされるのは、ウンザリだわね。

自民党もひどかったけど、国家主席気取りのオザワといい、結局こうした政治家しか育てられない幼稚な日本っていうところで、結局わが身に振り返ってくるのが、ツライなあ!

政権交代ってことは、結局、こうゆうことなんだ。

これは本質的問題で、時が解決する問題ともは、みえないんだけど。


@若い青年からコメント
>自分は本当に裕福な家庭で育ったもので金銭感覚が…と1時間くらいでしたっけ、
ずっと釈明してるのが本当に素敵だなと思ったんです。笑
お饅頭かせんべいを千円札出してお釣りを貰わずにどこかに行ったというのも。
エレガンスというのはこういうことなんですね。
それを国の本当にとても偉い人がやっていて、
フランスでも18世紀頃こういう話があったような。

やはりなんでも、馬鹿げたことであってもとりあえず経験しないと先に進めないと思うんです。
欧米の真似をしようとしても、論理的に考える基礎がないからやはりおかしなことになって当然で、
日本はむしろどう混乱・転落に突入するか、というのがこれから先の課題だと思いました。


@返事です

監禁王子や整形して逃げ回っていた殺人青年に、若い女の子の人気が集まるように、現実的でないという点で、「素敵」という感覚はわかります。

このリアリティーの欠如こそ、「一億総妄想社会」へ突入しつつある日本の現状なんでしょう。

政治の非現実性という点では、「大量虐殺兵器」を理由に侵略したブッシュも、たいして変わりないです。
しかし「とりあえずの経験」で、殺されていくヒトたちがいるわけで。

官僚内閣制の問題も、要はそうしたエリート官僚の「論理的非現実性」への批判でしょう。



飯尾潤の『日本の統治構造 官僚内閣制から議院内閣制へ』(中央公論新書)を、読んでます。

奇妙に自己愛・自己チューな政治家たちを生み出した社会システムとしての背景が、見えてきます。

NHKの大河ドラマみたいな、荒唐無稽な自己愛妄想の政治劇ばかり見せられて育った国民は、「国家と社会」との違いも、わからなくってしまってる状況も、良く見えてきます。

日本型ポピュリズム政治の無邪気さと弊害は、地道に正していくしかないのでしょう。
どこをどうすれば良いのか?

少し考えますが、最近もウンザリする事例に遭遇しました。
怒り心頭なのですが、相手には意味がわかってない(爆)
こんなもんでしょね。

世迷言も、
今年も最後になりました。

みなさん、良いお歳を!
  1. 2009/12/28(月) 00:00:00|
  2. 今週のスクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週のスクラップブック 12/20

田舎の芸術家協会から
正式な依頼状がきました。
ちゃんと手続きを踏めば、断る理由はありません。

それを横着して、「感触をお聞きしたい」とか、姑息なことをいってくるから、ワタシごときに脅かされるのです(苦笑)

芸術家協会というのは、「芸術家の著作権を守る」のが、重要な仕事なはずで、それを自分たちで形骸化する神経が、わかりません。

もちろんそのことについての謝罪は、一切ありません。

都合の悪いことは、知らん顔するのが、彼ら組織の特徴なんでしょう。


田舎の生活も、
少し切り替える時期にきてまして。
やっと、そのきっかけがつくれそうです。

あと10年ぐらいは、世間にウザガラレながら、なんとか、生き延びてみようと思ってます
  1. 2009/12/21(月) 00:00:00|
  2. 今週のスクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週のスクラップブック 12/14

海軍組織幹部の自己欺瞞は、
新しいモデルになるのか?
今の組織幹部の、本質解明のモデルになるのか?
>太平洋戦争の証言記録 刊行へ (毎日新聞 - 12月07日 02:32)

「敗北の原因」は、やはり人間でしょうから。

田舎芸術家の協会から
奇妙な依頼が来ました。
ワタシは、組織メンバーでないのに、あるイベトへの正式な参加依頼の前に、企画段階で、「感触」として「承諾」を求められました。
なぜワタシの「感触」が必要なのか、理由がわかりません。

想像するに、組織的な正式決定以前の企画段階で、作家の「承諾」を得てから、審議にかけるつもりのようです。

で、それから、「正式依頼」が発生するのでしょうか?

この構成メンバーは、学校の先生や役人が中心のようですが、この組織権威主義というか、自分たちの都合優先の発想というのは、仲間内なれあい主義の世界では、まったく自然な意思決定方式なんでしょうか?

他人にすぎないワタシには、まったく理解できません(苦笑)
  1. 2009/12/14(月) 00:00:00|
  2. 今週のスクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週のスクラップブック 12/07

現在の日本は、
1、高齢化と人口の減少
2 864兆円の国の借金
3 教育と先端技術への投資の不足
が、大きな問題といわれてます。

で、
>「子ども必要ない」が42.8%に (時事通信社 - 12月05日 18:02)
だそうです。
これを、「生き方の多様化が進んでいる」とする内閣府の担当者に、危機感は無いようです。

この記事へのmixi日記は、現在3351件。
めずらしく多くの関心を呼んでいるようです。

未来に希望が持てない国に、政権交代は、どう影響するのか。
長い自民党政権の置き土産ですが、一方、母親ゆずりの権力亡者の小沢や宇宙人ハトポッポに、希望が託せるのか?

教育投資の不足は、先端技術資源の枯渇だけでなく、格差社会の状況下での教育工場は、結局、人間関係を孤立させて、協力しあう社会資本を枯渇させてます。

ひとつの象徴が、毎年3万人を越える自殺者でしょう。

流れに棹さす支点は、どこなのか?

  1. 2009/12/07(月) 00:00:00|
  2. 今週のスクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンタ

プロフィール

元・学園長

Author: 元・学園長


ここを執筆する 元・学園長 ですが、還暦はとうにすぎているのに、最近、江戸 手描き友禅 の修行もはじめました。

ここの絵は、当時小学4年生の男の子が描いてくれた絵です。
下手な写真よりも、はるかに元・学園長の特徴をつかんだ、観察力と表現力なので、今でも大切にしています。

はじめての方は、引越しソバ代わりのおみやげもありますので、下記をご覧ください。
引越しのご挨拶

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

当方の記事に、関係がないと判断したコメントは、削除する場合があります

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索