FC2ブログ
Home  All  Log in

あかつき 事件簿

学園長の 身辺報告や雑感を 週刊誌風にまとめたものです

今週のスクラップ・ブック 12/29

忙しくしてます


><トヨタ>11月国内販売27%減、4カ月連続前年割れ
(毎日新聞 - 12月24日 12:11)
巨額留保する企業が増えています。

連日「不景気」報道が流されるなかで、派遣労働の規制緩和政策は、成功ですね。

セーフティーネットの構築無しで、「強欲な資本主義」の正体を、こんなに簡単にさらしていたら、不買は当然で、もしかすると暴動に進むでしょう。

広告費を減らして、安い中高生みたいなタレントを使って企業イメージを守る戦略で、どこまで国民を騙せるかですね。

まあ、「非核三原則」ですら、多くの国民は、長い間、疑わなかったのですから、甘く見ているんでしょうけど。

このワタシのmixiコメントに対して、ある病院の勤務医師から、
>病院では全職種で人出不足で困っていて、役所は医療報酬を引き下げてばかりです。
>儲かっているのは代々続いている開業医ばかりです。
>コネも何もない勤務医は酷使されて挙句のはては過労死です。
>こんなの絶対おかしい!
とのコメントももらいました。

*開業医の儲けは、なにかコツがあるのでしょうね。
*ワタシが知っている例では、銀行の営業マンが、ごまかし方を、指導してましたけどね。
と返事したら、
>僕の知ってる限りでは薬づけにすることと
>無闇に点滴をする事くらいですかね。
>どちらも患者さんのためにはなりません。
とコメントがありました。

*どっちも、動機は同じで、車輪の両輪ですね(苦笑)
*で、その結果、モラルの破壊ですね。
と返事したら、
>おかげで紹介するクリニックが無くて困っています。

とのこと。

「創造された格差」というのが、医師の世界でも、確実に広がっています。

コンビンで働きながら気鋭の評論を出した赤木智弘氏は、年金問題にからんで、
「権益を確保した世代が、若い世代に不利益を押し付けて、若者が貧困から抜け出せない『平和な社会』なんてロクなもんじゃない」
といってます。

千葉県市川市議の高橋亮平氏は、20歳未満から下の今後の世代は、一生のうちに税や保険料を1億5千万円以上払うのに、政府から受け取るサービスは、1億1千万円足らずで、4900万円の「受益超」の60歳以上とでは、生涯で1億円の近い差が出てくると、指摘しています。

政治献金と票につながる支持団体への利益分配を仕事にしてきた自民党政治は、経済成長の後退と高齢化社会の進行のなかで、「政治の不公平」を露呈しています。

経験がないとわからないでしょうが、
>■中2男子と性的関係、24歳女性教諭を懲戒免職…三重(読売新聞 - 12月26日 00:47)
この記事へのmixiコメントに、、「うらやましい」とか「得したね」的なコメントが多かったので、あえて、以下のコメトを載せました。

*この男の子は、一生、「支配された被虐体験」をひきづって、性的アイデンティ-も確立せず、少女の性的虐待をしても、「愛してた」みたいな妄想誤解をもちます。
そうした体験をした男の子がすべてそうなるわけではありませんが、これをヴァンパイア・シンドロームといいます。

ここでのカキコミでも、「うらやましい」とか「得したね」的なコメントを見かけますが、心の成熟がない状態の子どもへの、性的関係の強要は、立派な「人権侵害」です。
なぜいけないかは、子どもの性的な成長不全と、その蔓延を助長するからです。
つまり、こうした被害は、「自分の心身への、自分の支配権」が、剥奪されている状態なのです。

社会が、「生き延びるだけで、精一杯」の時代は、仕方なかったとしても、「自由意志や自己責任が、尊重される現代」で、これが一生続くということは、つらいですよ。

最近も、50歳代の女性で、そうした被虐体験を持った女性とお話ししましたが、彼女の人生上の関心が、そうしたこだわりと、一方でそうした凍結状態からの解放を希求する志向で、きわめて不自由な生活をしていることに、改めて驚きました。

この女性教師も、そうした被虐体験を持っている可能性があります。
その意味では、悲劇の繰り返しなんです。

人生は、マンガと違います。

一時の「イタズラ」が、他人の一生を支配するとしたら、それは想像力の貧困です。
しかも被害者は、何度も繰り返し襲われる癖が付き、ワタシが知る例では、男の子が、小学生と中学生の別な時期に、別な女性教師に襲われた例もありますが、彼はそれ以前に、家族内でオモチャにされていました。
そうしたオモチャにされる癖を身につけた男の子が、どんな性格と生活になっていくかは、なかなか想像できないでしょうね。

少なくとも、以後の少年の女性を見る目は、性的関心からしか見てないですから、性的ストレスの耐性が低く、女性との親和感は、相手が子どもでも大人でも、性関係でしか表現できず、性的犯罪者にギリギリ近い生活です。
最近アメリカで問題になっている「性依存症」は、こうした被害体験者に多いようです。

で、こうした加害者は、頭ではわかっていても、「愛してた」と、自己欺瞞してしまうところが、特徴です。

その女性教師は、バレて、ホッとしているでしょう。
この苦痛は、終身刑に匹敵するほど、苦しいものなのです。

*以上のワタシのコメントに対して、2名の男子大学生から、「関係は相互関係なので、男の子にも責任がある」との趣旨のコメントが寄せられました、

頭にきたので、「その意見は、『うらやましい』」と、傍観している意見と、同じ立場だ!」と、大人気なくケンカしました(苦笑)
まあ、あとで、説明を加筆はしておきましたけど。

やはり、自我が発達しない未成年への性的虐待は、乳幼児段階でのネグレットと同じぐらいの、深い精神的衝撃を与え、その回復は、そうと名困難をともなう」といった情報を、もっとひろく世間に広げる必要があるようです。

実際、男性への性虐待には、日本では、強姦罪がないのですから。

で、ここで、「日本は、人権後進国だ」と書くと、劣悪な養育歴を背景とするらしいネトウヨたちから、「日本は、悪くない!」と、反撃されます(苦笑)

来年もまた、こうしたネトウヨたちと、グチャグチャしそうです(苦笑)

そんなわけで、
ウロウロしているうちに、年の瀬になりました。

いろいろおつきあいいただいて、ありがとうございました。

特に新しい「若いmixi仲間」には、感謝してます。
時々論点が飛ぶ、私の話にも、良く付き合ってもらってます。

やはり来年も、「情報レテラシイー」に焦点を絞っていかないと、ますます世相は混乱しそうですね。

今年は、これにて、失礼します。

良い お年を、お迎えください!m(__)m





  1. 2008/12/29(月) 19:40:16|
  2. 今週のスクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンタ

プロフィール

元・学園長

Author: 元・学園長


ここを執筆する 元・学園長 ですが、還暦はとうにすぎているのに、最近、江戸 手描き友禅 の修行もはじめました。

ここの絵は、当時小学4年生の男の子が描いてくれた絵です。
下手な写真よりも、はるかに元・学園長の特徴をつかんだ、観察力と表現力なので、今でも大切にしています。

はじめての方は、引越しソバ代わりのおみやげもありますので、下記をご覧ください。
引越しのご挨拶

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

当方の記事に、関係がないと判断したコメントは、削除する場合があります

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索