Home  All  Log in

あかつき 事件簿

学園長の 身辺報告や雑感を 週刊誌風にまとめたものです

0211今週のスクラップブック

ここんところ編集する 2012年02月11日11:12
日記サボってますが、大作の制作中につき、「面会謝絶中」です

このセリフ、親譲りなんです(爆)

芸というのは、こうした父子相伝の、口伝みたいな、姿勢というか、生活のリズムみたいなものがあって。
天才なら、心のおもむくままに、筆をおくところ、神が宿るのでしょうが。

ワタシの落書きレベルでは、匂いが漂えば、もう万歳\(^-^)/ですw


で、元気に、神様がやってくるのを、待ってる状態です


イイネ!(1) mmc




助けてほしい気持ちはわかるけど編集する 2012年02月08日01:05
■子どもからSOS、2万通超…法務局に1年で
(読売新聞 - 02月06日 15:32)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1904371&media_id=20
本当に助けにつながるまで、いろいろあるからなあ。

単純に物理的な虐待やイジメなら、極端な話「誘拐しても」という手段もふくめて、まだ対処できるけど。

心の襞にかくれた差別や偏見は、簡単でないからなあ。

ワタシをよく知っている「人権派の親友」でさえ、ワタシの「ある側面」を使っているだけなことを知ったとき。
それが差別とわかっていても、66歳のワタシには、利用されていることを、気づかぬフリするしか対応がないなあ。


だから自然に、同じ痛みを抱えていそうな相手に、近づくことになるけど。

「同じ痛み」を、舐めあっていては、進歩って、ないんだよね。


66歳にして、精神が「若い」っていわれる理由は、自分の痛みに、勝てないまでも、耐えようとする心なのかもしれない。

それにしても、こうした痛みって、いつまで続くんだろ?


タマネギの芯が腐っている病って、一生つきまとうのかな?

それすら、芸の輝きに変えられたら、理想だね。


だれが見てもすぐにわかる事例は、なんでもできるけど、そうでない子どもたちには、「生き延びてくれ」と、祈りを送るしか、ワタシにはないなあ。

イイネ!(2) mrsa、tn




コストが理由?編集する 2012年01月24日13:56
■北海道の風力発電所、10年で廃止…コスト重荷
(読売新聞 - 01月24日 10:05)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1888360&media_id=20
で、コストの計算方法が、違ってないか?


イイネ!(1) pph




最近、日記をUPしてませんが、編集する 2012年01月23日21:32

元気です。

心配していたマイミクのお腹も、復調との連絡がありました。

よかったです。

ほかにも、よく似た症状で、10日ほど臥せったという若い女性がいて。

何を食べたというわけでもなく、ノロウイルスなどは、地下鉄でも感染するそうなので、ジャブジャブ手を水洗いするしか、対策はないみたいなので、お気を付けください。


というわけで、周囲はなにかと、今年は慌ただしい滑り出しになっていますね。

で、今、春の公募展への出品準備で、先日亡くなった友人の弔い合戦の意味も込めて、奮闘していますので、あまりmixiのゴミニュースにかまってられません(苦笑)

社会が、ゴミなのか?、mixiニュースの書き手がゴミなのか?
やっぱ両方なのか?

社会の愚民化政策は、着々と進行してますね。



*ひとつだけ、気になっていることがあって。

コンクリートとか、ストーブに使う薪とかから出た放射能がニュースになっていましたが。

しかしまだまだ厄介な汚染が、ほかにもあるようで。

たとえば山間の湖沼の止水域や、日本最大の流水域である関東平野の河口付近に出来つつある高濃度のホットスポットの汚染除去は、ここ2,3年で、大きな問題になるんでないのかな? という話です。

場所によっては、居住禁止になるレベルが、出てきそうです。

ヒトのいない山間の湖沼なら、狩猟禁止や立ち入り禁止で、対処できるだろうけど。
人口密集地帯の東京都で、忽然と現れて、しかも流動するホットスッポトは、社会的影響が甚大でしょう。


去年11月、ある新聞社の主催で、有名タレントで人集めしてやった、某河川の河口でのゴミ拾い作戦で。
数日前、その主催者に会ったけど、河川域の町会から表彰されたという話はあったけど、ホットスポットの話は一言も出なかった。

今後こうした事態は、いろいろな局面で出てくるおそれがあって。
これもまた、「想定外」では、すまないのではないかと思うのですが、あの新聞社だけでなく、多くのマスコミが、まだ大きな反応はしてないようですが。

気になります。




テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2012/02/11(土) 19:20:54|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンタ

プロフィール

元・学園長

Author: 元・学園長


ここを執筆する 元・学園長 ですが、還暦はとうにすぎているのに、最近、江戸 手描き友禅 の修行もはじめました。

ここの絵は、当時小学4年生の男の子が描いてくれた絵です。
下手な写真よりも、はるかに元・学園長の特徴をつかんだ、観察力と表現力なので、今でも大切にしています。

はじめての方は、引越しソバ代わりのおみやげもありますので、下記をご覧ください。
引越しのご挨拶

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

当方の記事に、関係がないと判断したコメントは、削除する場合があります

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索